【和洋九段女子中学・高校】中古学生服・制服買取。制服を高く売るポイントと注意点のまとめ

公開日:
和洋九段女子 制服買取

不要になった制服を、処分しようと考えている方は多いでしょう。ただ捨てるよりも、制服買取業者に引き取ってもらったほうが、不要になった衣類を現金化できてお得です。

制服買取業者なら、その名の通り制服専門のサービスを手掛けているため、安全性も確保されています。今回は和洋九段女子中学・高校の制服を処分したいと考えている方へ、買取相場や高額買取のポイントなどを紹介します。

ぜひ最後までご覧ください。

参考記事≫和洋九段女子中学・高校の制服買取相場はいくら?高価買取のポイントや注意点を解説!

和洋九段女子中学・高校の制服の特徴

和洋九段女子中学・高校の制服は、どの季節にもブルーを基調としたデザインが採用されています。爽やかでクールな印象を与えるブルーカラーの制服は、知的で落ち着いた印象を感じさせるでしょう。

セーターやブレザーなど種類も豊富なのはもちろん、令和5年からスカートだけではなくスラックスも着用可能になりました。

冬服制服

冬はブルーのチェックスカートに、青のセーターやブレザーなどを着用します。セーターはグレーとブルーの2色展開です。気分に応じて着回しができます。

また、いずれも比較的シンプルかつオーソドックスなデザインのため、美しいブルーカラーがいっそう際立っています。中でもブルーのセーターは、全体が鮮やかな青にデザインされており、引き締まった印象を受ける制服です。

夏服制服

夏はブルーのチェックスカートに、シャツやセーターなどを組み合わせて着用します。セーターは冬に着用されているものと同様です。

また、ベストも用意されているため、長袖では暑いという場合にも便利。少し肌寒く感じてしまう場合も、ベストがあれば細かな体温調節ができます。ベストとセーターのV字部分からはリボンやネクタイが見えるため、可愛らしい印象です。

学校指定付属品

学校指定の付属品は、リボン・ネクタイ・コートがあります。靴下はハイソックスとソックスがあり、学校が指定する場合を除き、基本的にはどちらも自由に着用可能です。

和洋九段女子中学・高校の制服の販売価格は?

制服の販売価格は、最低でも約90,000円です。セーターやベストなど、希望に応じて購入する制服の価格と合わせると、150,000円以上となります。

また、一般的にはブラウスやセーターなどは複数購入する生徒がほとんどです。購入点数によっては200,000円以上かかるケースも考えられるため、購入費用を抑えたい場合は中古販売されている制服を購入することをおすすめします。

和洋九段女子中学・高校の中古制服の買取相場は?

和洋九段女子中学・高校の制服の買取相場は、約15,000円です。制服の状態や付属品の有無によって査定額は変動するので、買取業者に無料査定してもらうといいでしょう。

和洋九段女子中学・高校の制服は、業界の中でも人気が高いため、一般的な制服買取相場である5,000円よりもはるかに高い価格帯で取引されています。あくまでも相場のため、制服の状態によって前後する場合はありますが、きれいな状態であれば相場に近い金額で買取ってもらえるでしょう。

学生制服を高額査定してもらうポイント

和洋九段女子中学・高校の制服で高額査定を実現するためには、以下3つのポイントをおさえておく必要があります。ポイントを知らないまま販売事業者へ査定依頼をすると損してしまう可能性があります。

どれも簡単に実践できるポイントばかりなので、以下を参考にしてみてください。

クリーニング後など綺麗な状態で査定に出す

和洋九段女子中学校 女子制服

和洋九段女子中学校 女子制服

販売事業者へ査定依頼をする前に、制服をきれいな状態に整えましょう。制服を何度も着用していると、袖や襟などさまざまな箇所が汚れていきます。「一見きれいな状態に見えても、実は染みがあった」というケースは少なくありません。

制服が汚れていると、当然ながら査定額が下がってしまう要因となります。リサイクル品・リユース品は見た目がきれいなほど査定額が上がるものなので、できれば事前にクリーニングしておきましょう。

クリーニングに出すと、シワや型崩れなども改善されるため、コンディションの良い状態で査定依頼ができます。たとえ染みがない制服だとしても、シワシワで形が美しくなければ査定額は下がるので、クリーニングで全体を整えることが大切です。

体操着やネクタイ・リボン等の付属品をセットで査定に出す

和洋九段女子中学校高等学校

和洋九段女子中学校高等学校

付属品の有無は、リサイクル品・リユース品の買取価格に大きく影響します。販売事業者へ査定依頼をする前に、制服だけではなく付属品を全て探しておきましょう。

和洋九段女子中学・高校の制服には、リボン・ネクタイをはじめとする付属品があります。特にこれらは比較的小さい付属品のため、紛失しやすい点に注意が必要です。制服を買取してもらう予定がある場合は、付属品の保管場所を決めておくとよいでしょう。

また、制服は不要になった時点で早めに買取依頼をすることも大切です。長期間自宅で保管しているとコンディションが悪化しやすいだけでなく、紛失するリスクも高くなります。良い状態の制服と付属品が揃っているうちに、早く査定をしてもらいましょう。

夏服・冬服をセットで査定に出す

和洋九段女子中学校 女子制服

和洋九段女子中学校 女子制服

和洋九段女子中学・高校には、夏服・冬服がそれぞれあるため、これらをセットで査定してもらいましょう。制服のリユース品は、基本的にその学校の入学が決まっている生徒が使用するために購入されます。そのため、セットでの買取は需要があり、買取価格が高くなる可能性があります。

夏服もしくは冬服だけを査定に出すのではなく、同時に販売事業者へ依頼したほうが高価買取に繋がりやすくなります。付属品を含むすべての制服を準備したうえで、査定依頼をすることを心掛けてください。

多くの制服買取業者は、卒業シーズンの3~4月になると積極的に査定を行うようになります。高価買取キャンペーンが行われるケースも少なくないため、このタイミングに合わせて査定に出すのがおすすめです。

学生制服を査定・売りに出す前にやること

学生服を査定に出したい場合は、事前準備を怠らないようにしましょう。制服が揃っているからといって査定に出してしまうと、後々トラブルに発展する可能性も捨てきれません。

特にこれまで制服買取サービスを利用したことがない方は、安全面や信頼性が心配になってしまうものです。安心して取引するためにも、売りに出す前にやるべきことを把握しておきましょう。

個人情報(名前・住所など)の表記は消す

制服または付属品に、個人情報を記載していませんか。学校によっては紛失・盗難防止のために、名前や住所などを記載しておくよう指導している場合もあります。制服買取業者に出す場合は表記を消しておかなくてはなりません。

名前や住所などが記載されたまま制服を買取されると、その制服の購入者に個人情報を知られてしまい危険です。場合によっては犯罪に利用されてしまう恐れもあるため、個人情報が記載されている箇所がないか必ず確認しましょう。

表記が消されていれば、購入者に個人情報を知られるリスクはありません。安心して制服を買取してもらえるよう、細部まで欠かさずチェックしましょう。

古物商許可のある業者に売る

古物商許可は、古物を売買するために必要なものとして、古物営業法で定められています。当然ながら制服買取業者にも古物商許可が必須ですが、中には許可を得ずに営業している怪しい販売事業者も存在するのです。

許可を得ずに営業していた場合、3年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられる可能性があります。このような法に従わず営業している業者へ制服を売るのは、トラブルが起こるリスクが高いと考えられるでしょう。

古物商許可の有無は、販売事業者の公式サイトから確認する、または、各公安委員会のデータベースから調べるなどの方法でチェックできます。

制服買取の依頼は「りぼん」がおすすめ!

りぼん」は数ある制服買取事業者の中でも信頼性があることで定評があります。これまで多くのユーザーから利用されているため、迅速かつ丁寧な対応を得意としているのが特徴です。

運営会社はリサイクル品・リユース品の取扱店を複数運営しており、充分な専門スキルを身に付けています。口コミ評価も非常に高く、初めてでも安心して利用できる販売事業者と言えるでしょう。

査定には費用が一切かからず、無料リサイクルキットを使用してすぐに査定を終えられます。古物商許可の記載もあるため、怪しい業者ではないかと不安になることもありません。

制服リサイクル【りぼん】

中古学生服・制服買取のまとめ

和洋九段女子中学・高校の制服を売る場合は、状態の良い卒業後すぐに査定に出すのがおすすめです。染みや汚れなどがあると査定額が下がるため、きれいに整えておくなどの事前準備も行いましょう。

数回に分けて査定に出すのではなく、付属品や夏服・冬服などを全てセットにすることも重要です。制服の準備をしながら、買取業者の口コミ評価も確認しておくといいでしょう。

最短 査定当日にお振込み 今すぐ無料宅配買取を申し込む