不要になった制服は寄付できる?制服のおすすめ活用方法を紹介

公開日:

使い終わった制服を捨てるのはもったいないと思っている人は多いのではないでしょうか。

まだ使える状態の制服が手元にあるなら、クローゼットに保管するより、制服を必要としている人に寄付するのがおすすめです。

この記事では、制服を無駄にしないおすすめの活用術や、寄付する方法について紹介します。

制服を誰かに寄付することは、リユース活動にも繋がるので、人と環境に優しいエコロジーに貢献しましょう。

2.制服のおすすめ活用方法

制服を新品で購入する場合、夏冬一式まとめて約7~10万円かかるので、決して安い買い物ではありません。

せっかく高い金額で購入したのに、タダでゴミに出してしまうのはもったいないですよね。

学生時代の思い出がたくさん詰まった制服なので、有効活用したいと思う人は多いのではないでしょうか。

寄付について解説する前に、ここでは、大切な制服を捨てずに活用できるおすすめの方法を紹介します。

②-1.知り合いに譲る

1つ目は、使い終わった制服を知り合いに譲ることです。

中学高校に入学する際、入学費や授業料、勉強に必要な教科書代など、制服以外にも多くの費用がかかりますよね。

家庭によっては、授業料を払うだけで精一杯になってしまい、制服を負担できるだけの経済的余裕がない場合もあります。

親戚や知り合いなど、地域コミュニティで同じ学校に通う子供が制服を必要としているのであれば、譲るのがおすすめです。

クローゼットに保管したままの制服を手放すことができて、なおかつ譲る相手に大切に使ってもらえるので、捨ててしまうより気持ちが良いですよね。

知り合いに譲る注意点として、制服がまだ使用できる綺麗な状態なのか、事前に隅々まで確認しましょう。

また、女子制服の場合は、アダルト目的で使用されてしまう危険があります。

知り合い以外に売る場合は、同じ学校に通う子供が本当にいるのか確認してから譲るようにしましょう。

②-2.リメイクする

制服に思い入れがあり、なかなか譲る勇気が出ない人もいるかと思います。

しかし、クローゼットに保管したままでは、だんだん月日が経つとともに劣化していく可能性が高いです。

制服をどうしても手元に置いておきたい場合は、今後も長く保管できるようにリメイクすることをおすすめします。

自分でリメイクするのが苦手だという人は、制服専門のリメイク業者に依頼しましょう。

制服のデザインを活かしたポーチやトートバッグを作ってくれるので、思い出がたくさん詰まった制服を使い続けることができます。

制服を使わずに飾っておきたい人は、ミニチュアサイズにリメイクしてもらうのがおすすめです。

リメイク専門の業者では、制服デザインを保ったまま、サイズを縮小して作ってもらえるので、かさばらずに保管することができます。

制服をミニチュア化するサービスはもちろんのこと、好きなぬいぐるみのサイズに合わせて着せるサービスもあるので、自分の希望に合ったサービスを提供している業者を選びましょう。

②-3.リユースショップに売る

最後に紹介する方法は、リユースショップに売ることです。

せっかく高い金額で買った制服なので、タダで譲るのは抵抗がある人もいるのではないでしょうか。

リユースショップでは、学校名や制服の状態によって、査定金額をつけて買い取ってくれます。

知名度の高い学校や、有名デザイナーが手がけている制服は、数万円の高価買取を期待できる可能性が高いです。

買取業界では、制服は特殊な査定ジャンルに分けられるので、リユースショップによっては、制服の買取を行っていない場合があります。

対象のリユースショップで制服の取り扱いがあるのか、事前にインターネットで調べてから査定依頼しましょう。

3.不要な制服は寄付しよう

制服のおすすめ活用方法を紹介してきましたが、卒業して使わなくなった制服は、寄付することもできます。

制服を寄付することは、どのようなメリットがあるのか気になりますよね。

ここからは、制服を寄付するメリットや、寄付する方法について分かりやすく解説します。

③-1.制服を寄付するメリット

制服を寄付する最大のメリットは、貧困に悩む子供たちを助けることができる点です。

近年子供の貧困率が深刻となっている日本では、制服を新品で購入できない貧困家庭が増加しています。

NPO法人やボランティア団体は、貧困家庭を支援するため、不要になった制服を回収し、新入生に提供する取り組みを始めました。

地域によって支援団体の活動内容は異なりますが、制服を支給する活動は、年々広がりを見せています。

もしクローゼットに眠ったままの制服があるなら、新品の制服が買えなくて困っている子供たちのために寄付してはいかがでしょうか。

制服を寄付することは子供たちの助けになるだけでなく、制服を再利用することに繋がり、地球に優しいエコロジーに貢献することもできます。

③-2.制服以外に寄付できるもの

学校生活において、制服以外に購入しなければならない学用品は多くあります。

小学校のランドセルやリコーダー、中学高校の体操着や通学用鞄など、どれも学校生活に欠かせないものです。

地域によっては、制服以外の学用品もあわせて寄付を受け付けている場合があります。

インターネットで調べるか、もしくは団体に問い合わせるなどして、どの学用品が寄付対象なのか事前に確認するといいでしょう。

4.制服のおすすめ寄付先

制服の寄付について解説してきましたが、制服はどのような団体に寄付したらいいのでしょうか。

ここでは、制服の寄付を受け付けている主な団体を紹介します。

④-1.学校

1つ目は、卒業した学校に寄付することです。

学校によっては、制服を買う余裕がない新入生を支援するため、卒業生から不要になった制服の寄付を募っている場合があります。

学校に制服を持ち込み寄付するだけなので、スムーズにやり取りできる点がおすすめです。

しかし、全ての学校が寄付を受け付けているとは限りません。

卒業した母校が寄付を受け付けているのか、学校に問い合わせるなどして事前に確認することをおすすめします。

④-2.NPO法人やボランティア団体

地域によって活動内容に違いはありますが、多くのNPO法人やボランティア団体では、貧困家庭の学生のために制服のリユース活動を行なっています。

主な活動内容は、同じ地域コミュニティに属している学校制服を回収し、制服を必要としている学生を対象に安い値段で販売することです。

活動団体の多くは、インターネットやSNSで寄付を募っています。

寄付可能な学校や対象アイテムは、活動団体の公式サイトに掲載されているので、事前に確認するようにしましょう。

活動団体の事務所に直接持ち込むか、市内で複数設置されている回収ボックスに持って行くのが主な寄付方法です。

活動団体によっては、宅配便での寄付を受け付けているところもあります。

④-3.リユースショップ

制服の活用方法で紹介したとおり、リユースショップは制服を査定して買い取る業者ですが、今回はそうではありません。

ボランティア団体と同じように、制服の寄付を募っているリユースショップはいくつかあります。

リユースショップでの活動は、不要になった制服を回収して、必要な学生に格安で販売することです。

寄付を受け付けているリユースショップでは、通常の買取方法と違い、制服に査定金額はつきません。

「それって、制服をタダで買取業者に売るってこと?」と疑問になる人はいるかと思いますが、安心してください。

制服についた査定金額は、子供の難病支援や、貧困家庭を支援している活動団体に寄付されます。

制服を寄付できるだけでなく、査定金額を募金することができるので、貧困家庭のために大きく役立つことができる点がポイントです。

6.お小遣いがほしいならリユースショップへ

ここまで紹介してきた制服の寄付は全て、制服を無料で譲ることになります。

「制服を必要な人に譲りたいけど、お金もほしい……」という人は、リユースショップを利用するのがおすすめです。

リユースショップを利用するメリットは、以下のとおり3つあります。

  • 制服をお金に換えることができる
  • 個人情報が漏洩する心配はない
  • 制服を再使用するリユース活動に貢献できる

最大のメリットは、制服を売ることで、お小遣いが手に入ることです。

買取業界において、制服は大きな需要があり、制服を専門とするリユースショップは増えています。

理由としては、制服代を抑えたい新入生が購入することはもちろんのこと、在学中に制服のサイズが合わなくなった学生が、中古の制服を買うことが多いからです。

制服の状態やデザインによっては、数万円の高価買取につながる場合があるので、臨時収入を手に入れることができるかもしれませんよ。

リユースショップは、公安委員会から許可を取得して営業を行っている正規の買取店舗です。

古物営業法で定められているとおり、個人情報の管理を徹底して守っているので、制服を売ることで個人情報が漏れる心配はありません。

制服を売ることで、寄付と同じように制服を必要としている学生に譲ることができ、リユース活動に貢献することもできるのでおすすめです。

7.まとめ

この記事では、使わなくなった制服のおすすめ活用方法や、寄付する方法について紹介しました。

制服はすぐに処分してしまうより、誰かの役に立つリユース活動をするのがおすすめです。

寄付を募っている団体は地域によって違いがあるので、インターネットで調べるか、PTAに問い合わせるなどして探しましょう。

制服をタダで譲ることに抵抗がある人は、リユースショップを利用することがおすすめです。

制服が必要な学生のために役立てるだけでなく、お小遣いが手に入る大きなメリットがあります。

この記事を参考にして、自分の希望に合う方法で制服のリユース活動に貢献しましょう。