不要になった制服を捨てるのはもったいない!おすすめのリサイクル方法を紹介

公開日: 更新日:

1.不要になった制服を捨てるのはもったいない!おすすめのリサイクル方法を紹介

中学高校で毎日のように着ていた制服。

卒業したあと、着ていた制服をどう処分しようか困っている人はいるのではないでしょうか。

悩んだ末、ゴミに出してしまう人もいれば、クローゼットにずっと保管する人もいるかと思います。

どちらの選択も自由ですが、大切な制服を活用しないのはもったいないです。

今回は、制服を手放したいときに活用できるリサイクル方法について紹介します。

制服の処分方法に悩んでいる人は、この記事をぜひ参考にしてください。

2.制服の処分方法

制服は、新品で購入すると約7〜10万円ほどかかるので、決して安い品物ではありません。

高い値段に限らず、制服は学生時代の思い出が詰まっているので、できれば有効活用したいですよね。

使い終わった制服をどのように手放したらいいのか、いくつか処分方法を紹介します。

②-1.ゴミに出す

まず多くの人が思い浮かべるのは、ゴミに出す方法ではないでしょうか。

「制服をそのままゴミに出して回収してもらえるの?」と疑問に思いますよね。

地域のルールによって多少の違いはありますが、制服は基本的に可燃ゴミとして出すことができます。

ブレザーなど制服のデザインによっては、ボタン部分は金属類の場合があるので、可燃ゴミに出す前に確認して分別しましょう。

制服をゴミに出す場合は、誰かの手で個人情報が悪用されないよう、名札や刺繍など個人情報に関わるものは取り外すことが必要です。

他にも制服のポケットに大事なものが入っていないか、念入りに確認することをおすすめします。

②-2.知り合いに譲る

2つ目は、制服を知り合いに譲る方法です。

この方法は、親戚や知り合いのなかで、同じ中学高校に通う予定の子供がいる場合に限られます。

制服は高価なものなので、制服代を節約するために、知り合いからお下がりをもらったという人はいるのではないでしょうか。

自分は制服を気軽に手放すことができて、相手は制服をタダで譲ってもらえるので、お互いに気分が良いですよね。

もし馴染みのない相手に譲る場合は、本当に制服を必要としている子供がいるのか確認しましょう。

世の中には、お金目当てで制服を売る人がいるので、そのような相手に間違えて売ってしまわないよう注意が必要です。

②-3.学校や団体に寄付する

3つ目は、学校やボランティア団体に寄付する方法です。

中学高校の入学時には、授業料や教科書代など、制服以外にも多くの費用を払う必要があります。

日本では貧困率が深刻な問題となっていますが、制服を買う余裕のない貧困家庭が増えているのはご存知でしょうか。

学校では、そんな貧困家庭のために、卒業生から制服を回収して、制服が買えない子供に提供しています。

NPO法人やボランティア団体も同様の活動をしているところが多いです。

地域によって活動内容に違いがあるので、制服を寄付する場合は、学校やPTAに問い合わせるなどして、確認することをおすすめします。

NPO法人などの活動団体は、ホームページやSNSで寄付を募っていることが多いので、インターネットで検索して探しましょう。

②-4.買取業者に売る

最後の方法は、買取業者に売ることです。

現在は個人間で品物を売ることもできますが、メルカリやヤフオフなどのサイトは、青少年保護条例の関係から使用済みの制服は出品禁止になっています。

制服を出品しても取引キャンセルになるだけでなく、アカウントの利用制限がかかってしまう可能性が高いです。

また、衣類のなかでも制服は特殊ジャンルなので、家の近くにある買取店舗では、取り扱っていない場合があります。

わざわざ店頭まで持ち込んだのに、買い取ってもらえなかったら、ただの時間のムダになってしまいますよね。

買取店舗のホームページには、どのような衣類を取り扱っているのか掲載されているので、査定依頼する前に確認しましょう。

インターネットで調べると、制服を専門としている買取業者が検索結果に多く表示されます。

制服買取業者では、制服の査定に詳しい専門スタッフの手で価格をつけてもらえるのでおすすめです。

3.制服は買取業者に売るのがおすすめ!

ここまで制服の処分方法について紹介しましたが、制服は買取業者に売るのがおすすめです。

学生時代に毎日お世話になった制服なので、タダで処分するのはもったいないですよね。

買取業者に売ることで、お小遣いを手に入れることができるだけでなく、制服を誰かに再使用してもらうことができます。

③-1.買取業者を利用するメリット

買取業者を利用する1番のメリットは、制服をお金に換えることができる点ではないでしょうか。

買取では、学校名や制服の状態、デザインを基準に査定金額がつきます。

状態が良いものや、知名度の高い学校は、数万円の高価買取を期待することができるのでおすすめです。

とはいえ、制服を売る機会はほとんどないので、制服買取業者は本当に安全なのか疑ってしまいますよね。

「制服を売ったことが誰かにバレたらどうしよう……」と、不安になる必要は全くありません。

制服買取業者は、公安委員会から正式に許可を得て営業している正規業者です。

古物営業法で定められているとおり、顧客の個人情報は徹底的に管理しているので、情報が第三者に漏洩することはありません。

買取業者によっては、制服についている刺繍ネームを除去するサービスを行っているので、安心して制服を売ることができます。

③-2.制服以外に売れるものはある?

買取業者は、制服以外の学用品を取り扱っていることが多いです。

買取業者によって取り扱い内容に違いはありますが、主に以下の学用品が買取対象アイテムとなっています。

  • 体操着
  • 部活動ユニフォーム  
  • スクール水着
  • 校章バッチ
  • リボン、ネクタイなどの付属品
  • 上履き
  • 学校の指定靴、指定鞄

買取業者の多くは、夏冬一式や、体操着とセットでまとめて売る場合、査定金額がアップするキャンペーンを行っています。

制服以外の学用品を手元に保管している場合は、まとめてセットで売りましょう。

4.買取業者を利用するときの注意点

制服を売った後は、買取業者が新しい消費者に向けて店舗で販売します。

次に使用する消費者がどんな人か分からないので、少し不安になりますよね。

自分の制服が危険な目的で使用される事態を避けるためにも、買取業者は慎重に選ぶことが必要です。

ここでは、安全な買取業者の見極め方について分かりやすく解説します。

④-1.ブルセラショップでないか

買取業者を選ぶときは、まずブルセラショップでないか必ず確認するようにしましょう。

ブルセラショップとは、使用済みの制服をアダルト目的で売買する業者のことです。

間違えて売ってしまうと、制服を性的利用に使われてしまうので、注意してください。

正規の買取業者は、公安委員会から古物商許可を取得しています。

古物商許可番号は、ホームページに掲載されているので、利用する前に確認しましょう。

反対に古物商許可を取得していない買取業者は、無許可で営業しているのと同様なので、利用しないのが吉です。

また、女子制服だけでなく、男子制服を取り扱っている買取業者は安全性が高いと考えられます。

男子制服はアダルト目的に使われることはないので、ブルセラショップは取り扱っていません。

この点から、男子制服の取り扱いがある買取業者は安全な可能性が高いです。

制服を売ることに不安がある人は、男子制服を取り扱っている買取業者を選ぶようにしましょう。

④-2.制服の買取実績があるか

制服の査定は、一般的な衣類と違い、学校名や制服に詳しい専門的な知識が必要となります。

制服の買取実績がない買取業者で売ると、制服に関する査定知識がない分、間違えて安い値段でつけられてしまう可能性が高いです。

本来であればもっと高く売れたのに、安い値段で売ってしまうのはもったいないですよね。

制服の買取実績は、買取業者のホームページに掲載されています。

学校名ごとの実績が掲載されているので、査定依頼前に確認するようにしましょう。

買取相場より高い査定金額の実績がついている場合は、高価買取を期待できます。

④-3.口コミの評価が高いか

買取業者は、実際に利用してみないと分からない部分が多くあります。

例えば、査定にかかる時間や、レスポンスの早さについては、ホームページの情報だけで判断するのは難しいです。

実際に利用して、トラブルに巻き込まれることだけは避けたいですよね。

買取業者がどのようなサービスを提供しているのか知るためにも、利用前に口コミを確認するのがおすすめです。

口コミの良い評価が多いほど、安心して利用できる買取業者だといえます。

宅配買取のサービスを行なっている買取業者は、「手軽に利用できる」と、口コミでの評価が特に高いです。

宅配買取は、自宅から簡単に査定申し込みができて、売りたい制服を箱に詰めて送るだけで査定が完了します。

制服買取で検索上位に表示される「ラミパス」や「りぼん」は、宅配買取のサービスが充実しているのでおすすめです。

郵送する段ボールを自分で用意するだけで、査定金額が1,000円アップするので、制服を高く売りたい人にもおすすめですよ。

5.制服を捨てる方法まとめ

この記事では、制服の処分方法や、買取業者を利用するメリットについて紹介しました。

もちろん制服をゴミに出すことはできますが、タダで捨ててしまうより、買取業者でお金に換える方がお得です。

アダルト目的の危険業者に間違えて売ってしまわないためにも、買取業者は慎重に選びましょう。

宅配買取のサービスが充実している「ラミパス」や「りぼん」は、口コミでの評価が高くおすすめです。

制服をどう処分しようか悩んでいる人は、この記事を参考にして、ぜひ自分に合った処分方法を探してください。

 

関連記事

学生服をリユースするには?魅力と再利用方法を紹介