【須賀川桐陽高等学校】中古学生服・制服買取。制服を高く売るポイントと注意点のまとめ

公開日:
須賀川桐陽高等学校

須賀川桐陽高等学校の制服が不要になり、今後の扱いに悩んでいる方には、制服買取業者への査定依頼がおすすめです。現金化できるだけでなく、制服を必要としている人へ安く譲れるメリットがあるため、ゴミに出すよりも私物を有効活用できます。

制服を売る際には、いくつかの知識やポイントなどを知っておくと高額買取に繋がります。

この記事ではおすすめの業者や売りに出す前にやることなどをピックアップしているので、ぜひチェックしてみてください。

参考記事≫【須賀川桐陽高等学校】制服買取相場はいくら?高額査定のポイントと注意点を解説!

須賀川桐陽高等学校の男子・女子制服の特徴

須賀川桐陽高等学校の制服はデザイン性が高く、ハイセンスなことで知られています。中でも女子制服は、デザイナーである宮本由利子さんによって考えられたものであり、全国制服グランプリでも毎回上位にランクインしているほどの人気。

おしゃれでありながら着心地もよく、機能性も抜群な制服のため、男女の生徒に支持されています。

男子制服

冬は黒のスラックスと紺のジャケットの組み合わせです。シックで落ち着いた雰囲気でありながら、ネクタイが金色なのでシンプルすぎず、地味になりません。ワンポイントが輝くスタイルです。

夏は半袖の白シャツとスラックスの組み合わせで、男子では定番の制服姿となります。クールビズなのでノーネクタイで過ごしており、涼しげで快適な印象です。

女子制服

須賀川桐陽高等学校 女子制服

須賀川桐陽高等学校 女子制服

冬は緑をメインにデザインされたセーラー服です。金色のリボンは大きめで可愛らしく、金ボタンや胸元の刺繍などもおしゃれなことで知られています。

須賀川桐陽高等学校 女子制服

須賀川桐陽高等学校 女子制服

夏服はセーラー服には珍しいチェックが取り入れられています。白とグレーが基調となった、爽やかな印象を覚えるデザインです。セーラー服にはあまり見かけないパフスリーブで、ふんわりとした腕部分が可愛らしい制服です。

須賀川桐陽高等学校の男子・女子制服の販売価格は?

須賀川桐陽高等学校では、制服の販売価格をホームページで公開していません。具体的な販売価格は分かりませんが、一般的な高等学校では購入費用が100,000円以上かかります。基本的には同じくらいの販売価格であると考えてよいでしょう。

いずれにしても新品の制服を購入する場合、かなりの費用負担がかかります。だからこそ近年では、リユース品の制服を購入する人が増えているのです。

須賀川桐陽高等学校の中古制服の買取相場は?

須賀川桐陽高等学校の制服は、買取相場が15,000~20,000円です。特に女子制服はデザイン性が優れているため人気があり、多くの業者では買取に力を入れています。

一般的には制服の買取相場が5,000円程度と言われているため、かなりの価値があると判断されるでしょう。制服の状態によっては、20,000円以上で取引されることも十分考えられます。制服の状態が良くない、セットになっていない、付属品がない場合、査定額は下がってしまう可能性が高いので、注意してください。

学生制服を高額査定してもらうポイント

高額査定を狙うなら、制服を準備するうえでのポイントをおさえておきましょう。ポイントを知らないまま制服を査定に出してしまうと、最悪の場合は相場以下の金額になってしまう恐れがあります。

事前準備をしっかりしておけば、買取業者からも状態の良い制服と判断されるようになります。どれも簡単にできることなので、制服を売るときに意識しましょう。

クリーニング後など綺麗な状態で査定に出す

須賀川桐陽高等学校 女子制服

須賀川桐陽高等学校 女子制服

長年着用していた制服は、袖や襟に汚れが付着しているものです。汚れの有無は査定金額に関わる問題のため、必ず綺麗にしてから査定に出しましょう。

クリーニングに出せば、制服に定着してしまった染みも薄くなる可能性があります。お家で洗濯しても取れない汚れは、クリーニングを利用してみてください。その分費用はかかりますが、高額査定をしてもらえた場合は元が取れます。

また、クリーニングをすると制服のシワも改善され、見違えるように美しくなります。査定時に「丁寧に扱われていた制服だ」と判断されやすくなるため、査定額が高額になりやすいです。

汚れ以外で制服の劣化が見える箇所がある場合も、直してから査定に出すようにしましょう。

体操着やネクタイ・リボン等の付属品をセットで査定に出す

須賀川桐陽高等学校 ソックス

須賀川桐陽高等学校 ソックス

制服を出す際に忘れがちなのが、付属品の存在。付属品はリボンやネクタイだけではなく、指定のハイソックスや体操着なども含まれます。これらの有無によって査定額が大きく変わるため、買取業者に出す際は忘れないように注意してください。

付属品がないと、相場以下の査定額になる恐れがあります。せっかくクリーニングに出したのに、思ったより高く売れずがっかりしてしまうケースも。付属品をピックアップして、まとめてから売りに出しましょう。

付属品もお手入れをしてから査定に出すのがおすすめです。特に体操着は授業で汚れやすいため、注意して確認してください。

夏服・冬服をセットで査定に出す

須賀川桐陽高等学校 女子制服

須賀川桐陽高等学校 女子制服

制服を査定に出すときは、複数回に分けるのではなく、一度にセットで買取ってもらうようにしましょう。セットでの査定は「制服が一式すべて揃っており、状態が良い品」として判断されやすいです。

付属品を含めると、制服は夏・冬でかなりの種類があります。買取をしてもらう際に、うっかり一部の制服を査定に出し忘れてしまったというトラブルも考えられるでしょう。事前準備の際には焦らずに、ゆっくり一つひとつの夏服・冬服があるかチェックしてください。

学生制服を査定・売りに出す前にやること

買取業者との取引の際は、やっておくべきことが主に2つ挙げられます。これらをうっかり忘れてしまうと、買取業者との間にトラブルが起きたり、売却後に不安を感じたりする恐れがあります。

取引上でストレスを感じないためにも、以下の2つを必ず覚えておいてください。

個人情報(名前・住所など)の表記は消す

制服に個人情報を書いてある場合は、消してから売りに出しましょう。名前が残ったまま売ってしまうと、制服の購入者に個人情報を知られてしまう恐れがあります。

制服に書いてある個人情報を見られたからといって、必ずしもトラブルが起こるわけではありません。しかし、中には情報を悪用したり、いたずらされるケースがあるのも事実です。何より情報を知られたことに対して不安を感じ、精神的に安心感を得られなくなるというデメリットがあります。

個人情報が記載されているのは、制服のタグ部分です。また、襟や裾などに書いてある場合もあるので、忘れずに確認しておきましょう。

古物商許可のある業者に売る

リサイクル品やリユース品の売買には、古物商許可が不可欠です。しかし、許可を得ずに中古制服を取り扱っている怪しい業者もいるため、注意しなくてはなりません。

古物商許可がない業者は、個人情報に対する漏洩防止意識が低い恐れがあります。買取サービスは「私物を売る」というやり取りになるからこそ、信頼に値する業者を利用すべきです。

古物商許可のない業者の利用は控えたほうがいいでしょう。ホームページやSNSなどで古物商許可が確認できない場合は、怪しい業者とみなして問題ありません。

制服買取の依頼は「りぼん」がおすすめ!

りぼん」は制服専門の販売事業者です。制服以外のリユース・リサイクル品をサービス上で扱ってきた実績があるため、個人情報漏洩に対する意識が高く、安全性が確保されています。

制服専門のサービスなので、次に須賀川桐陽高等学校の制服を必要としている方へ、スムーズにリユース品を譲れます。捨ててしまうよりも環境に優しいのはもちろん、現金化によるお小遣い稼ぎにもおすすめです。

査定には費用が一切かからず、制服を送付する際の送料も支払う必要がありません。自己負担一切なしで、大切な制服を現金化できるサービスです。

制服リサイクル【りぼん】

中古学生服・制服買取のまとめ

須賀川桐陽高等学校の制服はハイセンスなデザインのため、状態によっては高価買取が望めます。クリーニングに出す、名前を消しておくなど、事前準備を欠かさず行いましょう。

また、りぼんは口コミ評価が高く、古物商許可のある業者なので、初めての利用におすすめです。気になる方は公式ホームページを見てみてください。

最短 査定当日にお振込み 今すぐ無料宅配買取を申し込む