【市立浦和高等学校】中古学生服・制服買取。制服を高く売るポイントと注意点のまとめ

公開日:
私立浦和高等学校の制服買取

市立浦和高等学校を卒業し、制服が不要になったご家庭におすすめなのが、中古の制服買取サービスです。近年では制服専門の買取業者が話題となっており、断捨離に便利だと話題を集めています。

今回はそんな中古制服を扱う販売事業者についてや、制服の買取で大切なポイントなどを紹介していきます。高価買取につながるポイントもお伝えしていくので、参考にしてみてください。

市立浦和高等学校の男子・女子制服の特徴

市立浦和高等学校の制服は、男女ともにスタンダードなデザインが採用されています。シンプルなデザインのためトレンドに左右されず、学生らしさを感じさせる制服です。

男子の冬服制服

男子の冬服として定番である詰襟デザインです。首元が襟でカバーされているため、冬でも比較的温かく過ごせます。全体が黒で統一されたオーソドックスな学生服に憧れている方にぴったりでしょう。

似たようなデザインの学生服には、金色のボタンが使用されているのが定番です。しかし私立浦和高等学校では銀色のボタンを使用しており、シックで落ち着きのある印象を感じさせます。

女子の冬服制服

さいたま市立浦和高等学校 女子制服

さいたま市立浦和高等学校 女子制服

女子は全体が紺で統一されたセーラー服です。温かい長袖にデザインされているのはもちろん、必要に応じてカーディガンを着用できます。タイや襟なども全て紺なので、大人っぽさを感じさせます。

男子の夏服制服

白いシャツに黒のスラックスの組み合わせです。こちらも学生服として定番のスタイルではないでしょうか。

シャツは真夏でも涼しく過ごせるため、機能性も抜群です。

女子の夏服制服

さいたま市立浦和高等学校 女子制服

さいたま市立浦和高等学校 女子制服

紺の襟とタイが付いたシャツと、紺のスカートを組み合わせます。定番のセーラー服のため、女子生徒から人気が高いデザインです。

市立浦和高等学校の男子・女子制服の販売価格は?

市立浦和高等学校の制服は、学校のホームページに販売価格が記載されていないため不明です。多くの学校では、学生服の購入に10万円程度かかるため、市立浦和高等学校も同程度と考えられます。

正確な販売価格を知りたい場合は、市立浦和高等学校へ問い合わせましょう。

市立浦和高等学校の中古制服の買取相場は?

制服買取相場は、約15,000円です。制服の状態によって実際の査定額は変わりますが、一般的な制服の相場額は約5,000円のため、比較的高く売れることが予測されます。

しかし、制服の状態や付属品の有無、セット数により査定額は変動するので、注意してください。

新品に近い綺麗な制服であれば、相場よりも高く売れるケースも十分考えられるでしょう。不要な制服をゴミに出しても手元に残るものはありませんが、中古制服買取業者を利用するだけで現金化ができるのは便利です。

学生制服を高額査定してもらうポイント

せっかくなら制服を高額で買取ってもらいたいと、誰もが思うものでしょう。以下では高額査定をしてもらうポイントを、分かりやすく解説しています。

ポイントを押さえれば、相場以上の査定額になる可能性もあります。満足できる取引にするためにも、以下のポイントを覚えておきましょう。

クリーニング後など綺麗な状態で査定に出す

さいたま市立浦和高等学校 女子制服

さいたま市立浦和高等学校 女子制服

制服は綺麗にしてから査定に出しましょう。染みやシワなどがあると、状態が悪い中古服として判断され、査定額が相場以下になる恐れがあります。急いで断捨離をしたい場合でも、制服は必ず状態を整えてから買取ってもらいましょう。

シワや染みなどを綺麗にするためには、クリーニングに出すのがおすすめです。クリーニングなら自宅では落とせない頑固な染みも落ちやすく、中古品特有の劣化状態をカバーできます。シワも改善されるため、新品のように美しくすることも可能です。

また、ほつれたり破れたりしている箇所は、可能な限り直しておきましょう。無理に手直しすると悪化してしまいそうな場合は、無理をする必要はありません。基本的には購入時に近い状態に戻すことを心がけてください。

体操着やネクタイ・リボン等の付属品をセットで査定に出す

さいたま市立浦和高等学校 女子制服

さいたま市立浦和高等学校 女子制服

急いで制服を査定に出すと、つい付属品の存在を忘れてしまいます。シャツやスカートなどの制服があれば問題ないと思いがちですが、付属品の有無によって買取価格は大きく変わってしまいます。

本来であれば相場程度の査定額になる制服も、付属品がないことが原因で査定額が相場以下になるケースは多いものです。制服に限らず、リユース品の買取は付属品の有無が大きく関わっています。

付属品を破棄、もしくは紛失していない限りは、必ずセットで査定に出しましょう。また、付属品が汚れている場合は、制服と一緒にクリーニングを利用することも大切です。

夏服・冬服をセットで査定に出す

さいたま市立浦和高等学校 女子制服

さいたま市立浦和高等学校 女子制服

夏服・冬服それぞれを別で査定に出さず、セットで査定してもらいましょう。単体で査定に出すよりも、付属品を含む制服が一式ある状態の方が、需要が高いと考えられるからです。

リユース品の制服は、学校への入学が決まっている生徒のために購入されます。そのため制服を購入する際は、夏服・冬服を全て中古で揃えることが想定されるでしょう。

販売事業者もこのような想定をしているため、制服が全て揃っている場合の査定額をアップさせているのです。制服を買取してもらう場合は、一つひとつの服や付属品を準備してから査定に出しましょう。

学生制服を査定・売りに出す前にやること

学校生活の中で長年着用した制服だからこそ、安心して買取に出したいものです。特に中古品の買取サービスを利用したことがない場合、売却後に問題が発生しないか不安になる人もいるでしょう。

以下ではそんな問題を回避できるよう、売りに出す前に何をすべきなのかを解説しています。このポイントをおさえておけば、取引上の安全性を確保できます。

個人情報(名前・住所など)の表記は消す

紛失したときのことを考え、名前や住所などの個人情報を書いていませんか。よくあるのが、タグや裏地部分などに個人情報をペンで表記してあるケースです。万が一校内で制服を紛失したときは便利ですが、リユース品の場合は個人情報を悪用される可能性があります。

当然ながらリユース品を扱う業者側も、制服を売った人が誰なのかを明かすことはありません。しかし仮に情報漏洩が徹底されていたとしても、制服本体に表記があれば、個人情報が第三者に知られてしまう結果となるのです。

制服を中古品として売却する場合は、個人情報の表記を必ず消してください。これは安全性が優れた取引を実現するだけではなく、精神的な安心感を得られるというメリットも得られます。

古物商許可のある業者に売る

日本では古物の売買業を営む場合、古物商許可を得なければならない法律があります。しかし本来必要な古物商許可を得ることなく、制服の売買を行っている怪しい業者も存在するのが事実です。

怪しい業者の場合は個人情報漏洩をはじめとした問題に対する意識が低く、トラブルが起こるリスクが高いと考えられます。安全性のある取引をするためにも、古物商許可のある業者に制服を売りましょう。

ほとんどの業者では古物商許可があることをホームページに記載していますが、記載がない場合は提示請求をすることも可能です。万が一確認できない場合は怪しい業者だと判断し、取引を控えましょう。

制服買取の依頼は「りぼん」がおすすめ!

りぼんは古物商許可を得ており、安全性と信頼性のある業者と言えます。しかも制服だけではなく、アウトドア用品をはじめとするリサイクル品・リユース品を過去に扱ってきた実績もあり、丁寧な対応が期待できるでしょう。

過去に培ってきた経験があるからこそ、中古の制服を大切に扱うためのノウハウを熟知しています。丁寧かつスピード感のある対応も行われており、初めて制服を売る方におすすめです。

買取依頼方法はシンプルで、無料リサイクルキットへ制服を入れて着払いで送付するだけです。送料がかからずシンプル、業者へ直接出向く必要がないなど、忙しい方にも最適な方法として人気があります。

中古学生服・制服買取のまとめ

市立浦和高等学校の制服は、付属品を含むすべてを一式まとめておきましょう。綺麗な状態にすると、相場以上の価格で買い取ってもらえるかもしれません。

中古制服買取サービスは便利ですが、中には怪しい業者もあります。事前に口コミや古物商許可の有無をリサーチしておけば、安心して買取依頼ができるでしょう。

最短 査定当日にお振込み 今すぐ無料宅配買取を申し込む