【白百合学園】中古学生服・制服買取。制服を高く売るポイントと注意点のまとめ

公開日:

長年大切に着用してきた制服だからこそ、ゴミとして処分することを躊躇してしまうものです。これまで学校生活で過ごした思い出が詰まっている制服は、制服専門の買取業者へ査定を依頼してみませんか。

制服買取業者なら白百合学園の制服を迅速に買い取ってくれるため、断捨離の際に役立ちます。今回は買取相場や高額査定のポイントなどを紹介していくので、参考にしてみてください。

参考記事≫白百合学園の制服買取相場はいくらなの?高価買取のポイントや注意点を解説!

白百合学園の制服の特徴

白百合学園の制服は、95年以上同じデザインが採用されています。歴史が詰まった制服でありながら、古めかしさは一切感じず、シンプルでオーソドックスなビジュアルなのが特徴です。

制服には学園の象徴である百合の紋章があしらわれています。いずれも清潔さや賢さなどを感じさせるような制服です。

冬服制服

冬服は黒を基調としたセーラー服です。白い線が襟元やタイなどに入っており、ワンポイントの可愛らしさを感じさせます。セーラー服といえば半袖をイメージしてしまいがちですが、こちらは寒い冬でも快適に過ごせる長袖です。

また外出時にはオーバーコートやハーフコートなども着用可能です。こちらも黒のシンプルなデザインとなっており、トレンドに左右されず着用できる優れ物となっています。

夏服制服

夏服は定番の白を基調としたセーラー服です。紺の襟元やタイなどが特徴的で、暑い夏でも涼しげな雰囲気になります。

セーラー服以外にも、学習服であるブラウスに着替えることも可能です。セーラー服よりも涼しさがワンランク上のため、熱中症対策としても重宝するでしょう。

学校指定付属品

付属品はセーラー服のタイやダブリエなどが挙げられます。タイは夏冬共通であり、年間を通して使用するものです。

タブリエはスモックとして使用します。汚れ防止や防寒対策などに使用できる付属品です。その他にも体育館シューズや通学かばんなども、付属品として扱われます。

白百合学園の女子制服の販売価格は?

白百合学園の女子制服を購入する場合、約130,000円が必要です。セーターやコートなどの購入は任意ですが、購入をする場合は200,000円以上かかる可能性もあります。

学校指定用品の価格は、白百合学園のホームページ内にある学校案内に記載されています。中には選択式の学校指定用品もあるため、詳しい内訳を知りたい場合はチェックしてみましょう。

白百合学園の中古制服の買取相場は?

白百合学園の制服は、約15,000円で買取されています。一般的な制服の買取相場は5,000円と言われているため、他の制服よりもかなり高い価格で売れる可能性があります。

制服のコンディションによっては、相場以上の価格で買取ってもらえるかもしれません。

学生制服を高額査定してもらうポイント

白百合学園の制服で高額査定を実現するためにも、3つのポイントを知っておきましょう。何も知らずに制服を査定に出してしまうと、相場よりも低い金額で買取になる可能性があります。

ポイントを理解しておけば、相場以上の査定額になるケースも少なくありません。どれも簡単なポイントなので、以下で詳しく解説していきます。

クリーニング後など綺麗な状態で査定に出す

白百合学園中学高等学校 女子制服

白百合学園中学高等学校 女子制服

制服は自分で洗う、またはクリーニングをするなどの方法で綺麗にしましょう。ほとんどの制服は多少なりとも染みができているものです。中には洗濯をすると落ちる場合があるので、新品に近い状態で販売事業者へ査定を依頼できるでしょう。

付属品をはじめ自宅で簡単に洗える場合は、クリーニングを利用する必要はありません。しかし、制服本体は基本的にクリーニングをおすすめします。特に型崩れが見られる、またはシワが目立つなどの状態は、クリーニングの利用を推奨します。

プロに洗濯をした貰ったほうが美しい状態になり、シワのない状態になります。型崩れも分かりにくくなるため、制服本体は自分で洗わないほうがよいでしょう。

普段着やネクタイ・リボン等の付属品をセットで査定に出す

白百合学園中学高等学校 女子制服

白百合学園中学高等学校 女子制服

学生服単体ではなく、ネクタイやリボンなどの付属品も一緒に査定してもらいましょう。制服に限らず、基本的にリサイクル品・リユース品は付属品をセットで査定に出すと、査定額が上がりやすくなります。

付属品は比較的紛失しやすいものが多いため、扱いに注意が必要です。白百合学園の場合は、ハーフパンツやトレーニングシャツなど、他の衣類と混じって保管すると見失いやすくなります。普段から制服と付属品は保管場所を決めておくのがおすすめです。

また、付属品を紛失しないよう、すべて揃っているうちに査定に出すことも大切です。早めの段階で販売事業者に査定してもらえば、制服が汚れて劣化するリスクも回避できるでしょう。

夏服・冬服をセットで査定に出す

白百合学園中学高等学校 女子制服

白百合学園中学高等学校 女子制服

白百合学園の制服は、夏用と冬用がそれぞれあるため、これらをまとめてセットで査定に出しましょう。別々に査定してもらうよりも、まとめて出したほうが査定額が上がりやすいため、よりお得に制服を処分できるのです。

白百合学園の制服はリユース品の流通が比較的少なく、多くの中古制服販売事業者は買取強化を行っています。夏服・冬服はより需要があるため、高価買取につながる可能性が高いです。

学生制服を査定・売りに出す前にやること

学生服の査定前にやるべきことを把握しておかないと、トラブルに発展するリスクがあります。長年大切にしてきた私物を売るからこそ、リユース品を買取してもらうには安心できる環境を構築することが大切です。

売りに出す前にやるべきことは、主に2つあります。以下で詳しく見てみましょう。

個人情報(名前・住所など)の表記は消す

名前や住所などの個人情報は、査定前に削除しましょう。特に通学かばんや上履きなどの付属品は、制服よりも紛失リスクが高いため、名前が記載されているケースが多く見られます。

在学中であれば悪用される恐れは少ないですが、販売事業者へ買取してもらう場合は注意が必要です。リサイクル品・リユース品は誰が購入するのか分からないため、個人情報は第三者に知られないように気を付けましょう。

古物商許可のある業者に売る

販売事業者がリサイクル品・リユース品を取り扱う場合、古物商許可を得ておく必要があります。古物商許可の取得は法律で定められていますが、中には許可を得ていない状態で運営されている怪しい業者も存在するのです。

販売事業者は、自社サイトに古物商許可を得ているか表記しています。反対に、業者のサイトに古物商許可に関する記載がない場合は、怪しい業者の可能性があるので利用を避けたほうが賢明でしょう。

古物商許可を得ている業者なら、リサイクル品・リユース品を取り扱うためのノウハウが身に付いているため、優れたサービス性が期待できます。スムーズかつ安心安全な取引が行えるのが魅力です。

制服買取の依頼は「りぼん」がおすすめ!

りぼん」は多くのユーザーから支持されている、中古制服専門の買取業者です。運営会社はファッションアイテムやアウトドア用品など、幅広いリサイクル品・リユース品を扱ってきた経験があるため、安心して大切な制服を査定に出せます。

査定の流れはシンプルで、りぼんから無料で送付されるリサイクルキットに制服を入れて送り返すだけです。着払いのため送料の負担はなく、遠方からでもサービスを利用できることで評価されています。

もちろん古物商許可も得ているため、リサイクル品・リユース品を安心して査定に出せるという口コミも寄せられています。第三者へ個人情報が洩れないように対策も行われており、安全性が高い販売事業者です。

中古学生服・制服買取のまとめ

白百合学園の制服を買取ってもらう場合は、付属品を揃えておく、必要に応じてクリーニングに出すなどの事前準備を行いましょう。個人情報が記載されている場合も、査定前に消しておくことが大切です。

現在はフリマアプリやオークションなどのツールがありますが、安心して中古の制服を売却できる環境を求めている方には、中古制服専門の販売事業者を利用するのがおすすめです。事前に口コミ評価や古物商許可の有無などを確認すれば、より安全に売却できるでしょう。

最短 査定当日にお振込み 今すぐ無料宅配買取を申し込む