【大阪国際中学校高等学校】中古学生服・制服買取。制服を高く売るポイントと注意点のまとめ

公開日:
大阪国際中学校高等学校の制服買取

高校卒業後は制服の扱いに困ることが多く、処分方法を検討する人が増えるものです。しかし、思い出の詰まった制服を捨てることに対し、抵抗がある人は少なくありません。

安心して制服を処分したい場合は、制服買取業者に依頼しましょう。今回は安心して大阪国際中学校高等学校の制服を処分できるよう、買取相場や高額買取のポイントなどを紹介します。

参考記事≫【大阪国際中学校高等学校】制服買取相場を調査!高く売るためのポイントとは?

大阪国際中学校高等学校の男子・女子制服の特徴

大阪国際中学校高等学校の制服は、スタンダードなデザインが特徴的です。定番のブレザーやポロシャツなどは、細部の形にこだわって作られています。冬と夏それぞれの季節で、さまざまな制服スタイルがあり、高校生活の中でおしゃれを楽しめるのが魅力です。

冬服制服(ブレザースタイル)

ブレザースタイルは、スクールカラーであるブルーがメインに使われています。また、ネクタイ・リボンは大阪国際中学校が赤、大阪国際高等学校は青で、全体的に統一感のあるデザインです。

一目見るとスタンダードなデザインに見えますが、襟とボケットフラップにもスクールカラーがポイントとしてあしらわれており、細部に遊び心を感じる制服です。

また、女子の制服はスカートとパンツそれぞれのスタイルが選べるため、ジェンダーレスな時代に合っています。

冬服制服(セータースタイル)

セーターの首元はV字に開いており、シャツ襟とネクタイ・リボンが見えるようになっています。寒い冬も温かく過ごせる、機能性の優れたセーターです。

カラーバリエーションはグリーンとパープルの2色あり、好みに応じて選べます。

夏服制服(シャツスタイル)

シャツスタイルは、暑い夏でも快適に過ごせるよう、半袖に設計されています。胸元にはOIU(大阪国際学校)のマークが入っており、夏はもちろん冬にも着用が可能です。

スカートのプリーツは、スクールカラーのブルーが基調となっています。スカートだけではなくスラックスもあり、女性もパンツスタイルを楽しめます。

夏服制服(ポロシャツスタイル)

ポロシャツのカラーは深いネイビーで、落ち着いた雰囲気を感じます。シャツとの大きな違いは、裾を出して着用可能な点です。よりラフなスタイルで過ごしたい、また裾を入れたときのもたつきが気になる場合に最適でしょう。

夏服制服(カーディガンスタイル)

カーディガンはホワイトがメインカラーで、全体的に清潔感のある印象を覚えます。襟元から前合わせには、パープルとグリーンのラインが入っており、遊び心を感じさせるデザインです。

カーディガンはとても肌触りがよく、暑い夏でもサラッと着用できるのが特徴です。夏用に設計されているため暑すぎず、肌寒くなってしまったときに重宝します。

大阪国際中学校高等学校の男子・女子制服の販売価格は?

大阪国際中学校高等学校の制服の販売価格は、公式サイトで情報が見当たらないため不明です。一般的な中学校・高校の制服は数万~10数万円かかるのが一般的ですが、大阪国際中学校高等学校の場合は制服の種類が豊富なため、10万円以上かかることも考えられます。

もし詳しい販売価格が知りたい場合は、学校へ直接問い合わせましょう。

大阪国際中学校高等学校の中古制服の買取相場は?

大阪国際中学校高等学校の制服買取相場は、約15,000円です。

一般的に制服の買取価格は5,000円程度と言われているため、相場よりかなり高い金額で売却できる可能性があります。これは大阪国際中学校高等学校が、新しく男女共学の併設型を導入しており、まだ市場に出回っている制服が少ないためです。

高額買取が期待できる制服ですが、あくまでも買取相場は目安であるということを念頭に置きましょう。制服の状態によって価格が大きく変動するため、場合によっては相場よりも低い査定額になる場合もあります。

学生制服を高額査定してもらうポイント

大阪国際中学校高等学校の制服を安全に買取ってもらいたい場合は、専門の販売事業者を利用するのがおすすめです。制服を取り扱っている販売事業者なら査定がスムーズなのはもちろん、個人情報が流出する心配もありません。

販売事業者への買取依頼は、高額査定につながる可能性もあります。以下では高額査定を実現するポイントを紹介しているので、参考にしてみてください。

クリーニング後などきれいな状態で査定に出す

汚れた制服は状態が悪いと判断されてしまうため、査定額が下がる原因となります。学生の間は制服を着用したまま長時間過ごすため、どうしても埃や染みなどで汚れてしまうものです。

査定額を少しでもアップさせるためにも、買取依頼前にクリーニングをしましょう。クリーニングなら頑固な染みを取り除ける可能性があるため、より良いコンディションを保ったまま査定が行えます。

また、長期にわたって制服を自宅保管していると、虫食いや型崩れなどのトラブルが起こりがちです。丁寧に保管しているつもりでも、年月の経過とともに状態が悪くなっていきます。

少しでも高く売りたい場合は、できる限り早い段階で販売事業者へ査定を依頼しましょう。破れたりほつれたりしている箇所がある場合は可能な限り直し、購入時に近い状態に戻すことを意識するのがポイントです。

体操着やネクタイ・リボンなどの付属品をセットで査定に出す

一般的にリユース品を買取ってもらう場合、付属品をセットで査定に出したほうが、高額買取につながる可能性が高くなります。これは制服も例外ではありません。

制服の場合は、体操着やネクタイ・リボンなどが付属品として扱われます。特にネクタイ・リボンは紛失しやすい付属品のため、紛失しないように注意しましょう。保管場所が分からなくならないよう、できる限り早く買取査定に出すのがおすすめです。

夏服・冬服をセットで査定に出す

制服のリユース品を購入する人は、大阪国際中学校高等学校への入学を控えている生徒たちが大半です。大阪国際中学校高等学校は、比較的制服のリユース品が流通していないため、夏服・冬服セットでの取り扱いは需要があります。

また、査定に出す場合は学校卒業シーズンである3~4月がおすすめです。販売事業者が買取査定に力を入れるタイミングのため、この時期を目安に査定に出す準備を始めましょう。

学生制服を査定・売りに出す前にやること

これまで買取依頼を行ったことがないと、具体的な事前準備のポイントが分からないものです。制服を売りたいからと言って何も準備をしていないと、高価買取に繋がらないだけではなく、思いもよらないトラブルに発展する場合もあります。

制服を査定に出す場合は、以下2つのポイントを意識しましょう。安心安全に取引をするために重要なことなので、覚えておくに越したことはありません。

個人情報(名前・住所など)の表記は消す

制服や付属品などに記載されている名前・住所は、必ず消しておきましょう。紛失したときに備えて個人情報を記載している人は少なくありません。学校内であれば名前や住所を見られても、トラブルのリスクは低いですが、販売事業者へ制服を売る場合は注意が必要です。

万が一制服のリサイクル品を購入した人が悪意を持っていた場合、記載されていた個人情報を使っていたずらをする可能性もあります。安心して査定に出すためにも、個人情報が記載されていないか細部までチェックしてください。

古物商許可のある業者に売る

制服を扱う販売事業者の中には、怪しい業者も存在します。通常であれば中古品の買取・販売サービスを展開する場合、古物商許可が必要ですが、許可を得ずに営業している業者もいるため大変危険です。

古物商許可の有無は、業者のホームページに記載されているのが一般的です。業者の情報を調べても分からない場合は怪しいため、利用を控えたほうがよいでしょう。

制服買取の依頼は「りぼん」がおすすめ!

制服買取を依頼するなら、専門業者として安心安全で定評のある「りぼん」がおすすめです。りぼんはスムーズな査定や高額買取が行われているという口コミが多数あり、初めてでも安心して取引できます。

運営会社はリサイクル品の買取販売サービスを手掛けており、査定を迅速丁寧に行うために必要なノウハウを身に付けていると言えるでしょう。

もちろんリサイクル・リユース品を扱う上で必要不可欠な、古物商許可も持っています。古物商許可を持たずに営業している怪しい業者も存在しますが、りぼんならトラブルの心配もありません。

買取依頼の際には、無料のリサイクルキットを使って制服を着払いで送るだけなので、利用方法もシンプルです。

中古学生服・制服買取のまとめ

大阪国際中学校高等学校の制服は、細部までこだわったデザインが特徴的です。現在はあまり市場に出回っていないため、高額買取が期待できます。

もし買取を依頼する場合は、クリーニングや付属品のチェックなどを欠かさず行いましょう。事前準備として、業者の古物商許可の有無の確認や口コミなどを確認しておくことも大切です。

最短 査定当日にお振込み 今すぐ無料宅配買取を申し込む